マンションの大規模修繕の話

弊社が管理組合の理事を務める投資用マンションで、このたび大規模修繕工事の実施が先日の総会で可決されました。実は、このマンションは修繕積立金の蓄積が十分ではなく、本来ならば自己資金ですべてを賄うべきではありますが、借入金に頼らざるを得なくなりました。各区分所有オーナーの方の了承を得て、今回修繕積立金の積立額を増加して借入金の返済をしていくことになりました。

 

建物も時間の経過とともに劣化していきます。放置すれば外観も中もボロボロとなり、誰も住みたいとは思えないマンションになってしまうかもしれません。所有する部屋の中についていくら綺麗にしたところで、外観、玄関から部屋に至る館内の印象が悪ければ借りていただけなくなるかもしれません。「管理組合の理事は面倒」などとは言っていられません。そんな事態を避けるべく弊社も管理組合の運営に携わっております。

 

今回は、修繕業者の選定にも積極的に関与し、中小ながらしっかりとした実績のある会社にお願いすることを主導いたしました。この春より工事に着手する予定です。修繕積立金の値上げは、支出増となりますので痛いところですが、少しでもきれいに生まれ変わればと思います。修繕の終了が待ち遠しいところです・・・

 

 

 

 

(H)