歴史的事件

 昨日の新元号発表の様子をテレビで見ていて、「歴史的事件なのだなあ」という思いから軽い興奮を覚えました。昭和から平成に切り替わるときは天皇陛下の崩御に伴うことなので発表と施行が同時でしたが、今回は発表から1か月後の51日からの施行です。まだ1ヶ月は平成ですね。このように、多少は事情が異なるとはいえ前回同様、今回も永く、この瞬間が語り継がれることでしょう。

 

 私が、その瞬間を記憶している「歴史的事件」を、頭に浮かんだまま列挙していくと、

・ベルリンの壁の崩壊

・東日本大震災

・あさま山荘事件

・アメリカ、ニューヨークの9.11事件

・第一次湾岸戦争

・日本新党を核とした細川護熙内閣の誕生

・民主党の鳩山由紀夫内閣の誕生

・ロッキード事件での田中角栄氏の逮捕

などなど、数え上げればきりがありませんが、こうして改めて思い出してみると、それぞれが平成あるいは昭和とイメージがリンクします。やはり、元号は時代を象徴しているように感じます。

 

 

 来年開催される東京オリンピックも令和を彩るイベントのひとつとして歴史に刻まれることでしょう。そして、これが令和という時代の行く末を指し示す「さきがけ」となるり、令和が明るい時代となるよう心から祈っております。