タバコを吸う部屋

以前、『原状回復』のところでも触れましたが、部屋の中でタバコを吸っていると知らず知らずのうちにクロスをはじめとして、エアコン、換気扇等様々なところがヤニで汚くなります。クロスについては、時間の経過による劣化については修繕の負担はオーナーとなりますが、ヤニによるクロスの汚れは賃借人様負担となります。先日もある部屋の退去に立ち会いましたが、その方はタバコを吸う方で、部屋の中は見事にヤニだらけでした。

 

ヤニにまみれると、もうクロスは張り替えるしかなくなります。試しに雑巾で拭くと白い雑巾が茶色になります。さらには臭いもついてしまいます。この臭いを取るのも大変で、あらゆる工夫をして脱臭にあたっています。住んでいた人は気にならず、快適に暮らしていただいたと思いますが、次に住む方がタバコを吸わない方だと臭いが残っていれば致命的です。あらゆる人のニーズに対応しようとすると、それなりに大変であるわけです。

 

臭い繋がりではペットもあります。ペットを飼われていると、どうしても臭いが残ります。傷などがつく可能性もあります。弊社ではなるべくペットと暮らせるようにしていますが、その際には管理費と敷金について飼わない場合と差をつけさせていただいています。これは臭いや傷に対処するためです。それからすると、タバコを吸う場合にも吸わない人と差を設けてもいいかもしれませんが、これは今後の検討課題です。

 

まずはタバコを吸っていた部屋がそれとわからないように、しっかりクリーニングするようにしていく所存です・・・ 

 

 

 

(H)