マンションの管理

戸建と違い、マンションの場合は共用部の修繕を定期的に行っています。区分所有者からそれぞれ日常的な管理費として「管理費」、設備の修繕費として「修繕積立金」を徴収するのが一般的です。そして軽微なものは別として、外壁等の共用部について定期的に行うのが大規模修繕です。一般的には12年ないし15年といった間隔で行います。規模にもよりますが、金額的には1,000万円以上かかるものになります。

 

弊社も管理組合の理事をしておりますので、当然時期が来れば検討に加わります。今期は弊社が理事をしております「ホーユウコンフォルト菊名」で大規模修繕を行っています。1年以上の検討期間を経て、着手に至りましたが、業者の選定において弊社も積極的に関与し、当初の予定より5百万円程度安くできました。

 

場合によっては修繕積立金の値上げを検討しなければならないケースもあり、その場合も長期的な視野に立ち、多過ぎず少な過ぎずのところで金額を決め、区分所有者皆様の同意を得ないといけません。ただ値上げしても負担が増えるだけなので、他に削減できるコストはないか見直すこともしています。

 

「マンションは管理で買え」とはよく言われることですが、それは管理会社の管理ばかりではありません。特に投資用マンションでは、管理組合の理事のなり手がなかったりして管理会社任せになってしまったりします。弊社ではそんなマンションの管理に積極的に携わり、マンションの資産価値向上に努めています。

「マンションが持つ潜在価値を最大限に引き出すことにより社会に貢献する」

 

当社の経営理念の実現の一つの形として進めています・・・ 

 

 

 

 

(H)