マンションの設備交換

建てた時は新築で真新しくとも、月日が経てば老朽化してくるのはやむなき事。その時大事なのは、適宜適切な修繕・交換を行うことでしょう。マンションでも同様で、弊社も管理組合の理事を務めているマンションについては、常に関心を持つようにしています。

 

今回、新川崎ダイカンプラザシティでは、共用部の郵便受けの交換工事を行いました。同マンションでは築30年が経過し、郵便受けもボロボロの状態でした。普通のマンションであれば、所有者=住人から声があがるかもしれませんが、投資用のマンションでは、所有者≠住人なのでそうした声があがりにくいところがあります。我々はそうしたところも細かい注意を払い、今回交換を提案して実現いたしました。

 

新しい郵便受けは、奥行きも深く、Amazon等の雑誌タイプの宅配物もすっぽり入ります。これまでは入口からはみ出たりして、特に女性の入居者から「名前が見られてしまう」と不安の声があがっていましたが、これで安心いただけるものと思います。さらに今後、宅配ボックスの導入も計画しており、入居者の方には大いに利便性を感じていただけるものと思います。

 

普通の区分所有オーナーさんは、どうしても自分の部屋の家賃にしか関心がいかない傾向があります。我々は、部屋の中だけでなく、「マンションの入り口から」住み心地の良さを追求していきます。こうした取り組みを他の投資用のマンションでも積極的に続けていく予定です。 

 

(H)

 

 

交換後
交換後