正直不動産

『正直不動産』というマンガをご存知でしょうか。「ビックコミック」で連載されているマンガですが、不動産業界の諸々が出てきて不動産業界に身を置く者として面白いと思えるマンガです。

 

主人公は不動産会社に勤め、社内ダントツの営業成績を収める営業マン。ところがある日、売却予定地にあった祠と石碑を蹴り飛ばしたところ、その祟りで嘘がつけなくなってしまいます。それまで口八丁で営業してきたのに、「黙っていればわからない」ことを本人の意思とは別にしゃべるようになってしまいます。

 

不動産業界と言えば、「胡散臭い」というイメージがありますが、なぜそうなのか。このマンガで主人公がペラペラしゃべってくれます。敢えてリスクを黙って契約を結ばせたり、「囲い込み」や「中間省略登記」「建築条件付き土地販売」「瑕疵担保責任」などストーリーを楽しみながらそこに潜む問題点を明らかにしてくれます。

 

登場人物やストーリーは架空の物語ですが、出てくる話はどれも不動産業界では普通の話で、中には苦虫を噛み潰している不動産業者も多いかもしれません。もちろん、正直に営業している業者は痛くも痒くもありませんが、このマンガの主人公のような営業マンだったら「かぼちゃの馬車」事件なんかも起きなかったかもしれません。

 

これから家を借りたり買ったりする予定のある方は、「勉強のために」読まれるといいかもしれません。マンガを読むというと遊んでいるように思われがちですが、真面目に楽しめると言えるマンガです。

 

 蛇足ですが、弊社はもちろん、これまでもこれからも『正直不動産』を実践し続けています・・・ 

 

 

(H)