台風被害

先日の台風被害は各地で大変なものでした。幸いなことに、弊社の賃貸物件・管理物件については大した被害もなくてすみました。被害に遭われた方の事を考えると良かったと思います。それにしても都内でも浸水被害があり、あらためて物件の周辺環境も気になるところです。また、弊社の物件はマンションが多いのですが、戸建てと比べるとマンションの方が安心できそうですが、今回は武蔵小杉のタワーマンションが意外な形で被害を受けており、つくづく安心できないものだと実感しています。

 

弊社の物件で唯一被害を受けたのは、某マンションのバルコニーにある隔壁板です。強い風にあおられたのでしょう。見事に破壊されてしまいました。この隔壁板ですが、台風など強い風が吹く時はしばし破壊されてしまいます。ならば頑丈に作れば良いのではと思わなくもありませんが、この隔壁板は、実は災害時に玄関から避難できない場合、これを壊して隣へ(そして下に降りる非常階段のあるところまで)逃げるようになっており、頑丈に作ってしまうといざという時に壊して避難することができなくなってしまいます。

 

そういう性質のものなので、強い風が吹いた時は、どうしても壊されてしまいます。弊社が管理組合の理事をしているマンションでも、いくつかの部屋で隔壁板が壊れてしまったという報告がありました。こうして壊されてしまった隔壁板は修理しないといけませんが、この隔壁板は「共用部(専用使用部分)」であり、修理費用は管理組合負担となっています。そして大抵、管理組合では保険に加入していて、修理費用は保険が下りることになっています。つまり、区分所有者も管理組合も懐は痛まないのです。

 

弊社の関係するマンションだけで3カ所も隔壁板が壊れてしまいました。ということは各地至る所のマンションで同様の事態が発生したものと思われます。修理業者は大忙し、保険会社はヒヤヒヤというところでしょう。「風が吹けば桶屋が」ではありませんが、請け負っている工務店は密かに喜んでいるかもしれません・・・

 

 

 

 

 

(H)