もみじ狩り

 「もみじ狩り」という言葉があります。ちょうど今頃の季節に話題になります。赤く色づいた紅葉は大変美しいです。しかし、それを眺めに出掛けることを「もみじ狩り」と呼ぶのはなぜでしょうか?「狩り」は見てのとおり“けものへん“ですから、どうしても獲物は鳥獣を連想してしまいます。

 

 ほかにも「ぶどう狩り」や「いちご狩り」など果物にも同様の使い方があります。そこには何か特別な事情が隠れているのではないか?ということで調べてみましたが、期待外れで何も興味深い事実が見つかりません。やはり、イメージしたとおり、当初は鹿や猪、兎などを狙って野に出掛けることを狩りといったようです。後に果物やきのこにも使うようになり、最後に紅葉を眺めることを目的に出掛けることにも使うようになったとのことです。

 

 何かあまりに当たり前のことで面白味がないのですが、「狩り」という言葉には獲物が何にせよ、共通して野に出て自然を愛でる、楽しむという意味が込められているようです。このあたりに古来からの日本人の自然に対する感性が潜んでいるように思います。

 

 

 皆さんも「もみじ見物」よりも「もみじ狩り」のほうが、心が浮き立つといったことはありませんか?