新型でもやることは同じ

 このコーナーで独り言を呟くようになって数年が経ちます。「昨年の今頃は何を想っていたろう」と調べてみると「インフルエンザの流行」をテーマに選んでいました。やはり、この季節はこの話題がタイムリーであることを確認しましたが、今年はもっとセンセーショナルなニュースが世界を駆け巡っています。

 

ここ数日、中国で流行り始めた、新型コロナウィルスによる肺炎が盛んに報道されています。詳細はここで改めて言及するまでもありませんが、中国本土における感染者は日に日に増加していると同時に世界各国に感染が広がりつつあるようです。そして、日本でも感染者が現れました。

 

日本政府も中国政府も大流行を防ぐために検疫の強化、医療機関の整備、交通の閉鎖など様々な策を施しているようです。感染力、症状の重さとも、インフルエンザ程度で、それほどでもないにしても、現に多数の死者がでて、なおかつ新型であって正体がはっきりしておらず、特に変異する可能性があるなどと訊くと不気味さを感じてしまいます。

 

 

そうは言っても未だ日本国内で流行しているわけでもなく、仮に今後流行するとして、個人でできることはマスクの着用や手洗いといったことぐらいです。これもインフルエンザの対策と同じですね。インフルエンザも新型肺炎も流行しないことを願っています。