第三者管理(理事長代行)引き受けます

弊社は、所有しているマンションの管理組合の活動には積極的に関わるようにしています。と言っても、ファミリータイプのマンションによくあるような「外部所有者(そのマンションに住んでいないオーナー)は役員になれない」という管理規約を定めているマンションはこの限りではありません。となると、主として投資用のマンションということが多くなります。

 

管理組合の役員に就任した場合、考えていることは「いかにいい条件で住んでいただけるか」です。そのためには設備投資も必要ですし、その原資としての収支の改善も必要です。これまでもご紹介した通り、LED化を進め、あるいは一部自主管理に移行して浮いたコストで無料WiFiや宅配ロッカーを導入したりしています。管理費・修繕積立金の値上げに頼らずに、マンションの資産価値向上を図っています。

 

収支改善には「コスト削減」も有効ですが、収入の増加もあります。簡単ではありませんが、「自動販売機の設置」も有効な手段の一つです。これは設置場所の状況にもよります(より多く売れる場所でないと置いてもらえません)が、いい場所であれば設置できます。入居者の利便性の向上にもなりますし、売上は管理費に充当することができます。管理費会計に余裕が出れば、修繕積立金に回して設備投資に使えます。

 

 投資用のマンションでは、特にオーナーは外部に住んでいて、こうしたマンション全体の資産価値向上に無関心になりがちです。今後は弊社が所有しているマンションに限らず、理事のなり手がいないマンションの「理事長代行」も引き受けたりして、当社のノウハウを生かした事業展開をしていきたいと考えています。 

 

 

 

(H)