我が社の内装工事

 弊社はもともと建設会社としてスタートしたという経緯があり、今でも内装工事を中心に自社で手掛けています。単なる修繕から始まり、退去後のリフォーム、リノベーションと様々に行います。大掛かりなものになると、顧問建築士の先生に設計・デザインをお願いしますが、規模の小さい退去後のリフォーム等は自社でデザインも含めて行います。ターゲットはどんな方か、どんな部屋のイメージにしようかとみんなで考えるのは楽しいものです。

 

 一方、工事を依頼されることもあります。その場合は、大家さんの意向を伺って行うことになります。どの程度の予算をかけるのか、家賃はどのくらいに設定するのか。すべてお任せという大家さんもいれば、ご自身でもいろいろと考えてくださる大家さんもいらっしゃいます。ケース・バイ・ケースで私どもも柔軟に対応させていただきます。その場合、1つ心掛けていることは、その工事が「問題解決」になっているかどうかということです。

 

 単なる修繕の場合は、問題は直せば解決します。場合によっては、単なる修繕ではなく、入れ替えたり交換したりすることで根本的な解決になる場合はそういうご提案もいたします。また、空室予防、退去防止、家賃増額等の目的がある場合は、その工事が果たしてその目的に適っているかという部分も考えないといけません。その目的と工事の内容とがマッチしていないと感じた場合、弊社で新たなご提案をさせていただくこともあります。

 

「大家さんが言う通りにしていれば問題ないだろう」と、最初から「言われた通り」に目を瞑ってやるというやり方もありますが、それでは我々の工事によって大家さんの抱えている問題は解決しません。したがって、その場合は必ずこちらの考えもお伝えするようにしています。最終的には大家さんのご意向に沿って工事をやらせていただきますが、それがハッピーエンドになるようにできる限りのことはしたいと考えています。

 

 空室を抱えていてリフォームをお考えの方は、是非ともご相談いただければと思います。 

 

 

(H)