退去に際して

賃貸住宅を借りていると、いずれ退去という時が来ます。転勤・転職等仕事に関わるものから、結婚等私生活の変化にともなうものまで、退去される方の理由は様々です。通常の賃貸借契約では、「事前の退去予告」が契約の時に定められています。賃借人からの申し出の場合は、通常「1か月前の予告」が一般的でしょう。これは退去予定日の1か月前に退去の申し出を書面でするものです。当社の場合の退去予告は、とりあえず電話連絡、書面は後日で良しとさせていただいています。

 

事前予告が必要なのは、大家側にも事前準備が必要なためです。退去となれば次の募集に向けての準備をしないといけません。ある日突然退去となると、次の入居者がつまるまでの空室期間がより長くなってしまいます。ただし、どうしても急に決まった場合は、予告日から「1か月分の賃料」をいただくことでも可としています。

 

退去時にかかる費用としては、弊社の場合は契約時に決めさせていただいた「クリーニング費用」があります。その他、もしも部屋の中で壁や床などを破損させてしまった場合などは、修繕費をいただくことになります。ただし、時間の経過とともに壁がくすんできたりする「経年劣化」については責任を問われません。弊社の直近の事例でも、「壁に穴を開けてしまった」というのがあったくらいで、ほとんどクリーニング費用だけで済んでいます。

 

退去時精算の時は、トラブルが起こりやすいのも事実です。中には入居者負担でないものを請求してくるところもあるようです。そうした業者の存在は好ましいものではありませんが、弊社は「賃貸住宅紛争防止条例」に基づいて運用しております。「故意・過失、通常の使用方法に反する使用」等によって傷つけたもの以外の負担を請求することはありません。もしもおかしな請求を受けた場合には、ご相談いただければと思います。

 

 賃貸住宅を借りる際の予備知識として頭の片隅にでも入れておいてください・・・ 

 

 

 

(H)