家財保険は大事

部屋を借りていただく際に、弊社では「家財保険」にご加入いただいております(弊社に限らず概ね加入義務が課されているのが普通です)。これは、「少額短期保険」に分類される賃貸住宅入居者向けの保険になります。保険料は2年間で18,000円程度から数万円程度(支払われる保険金額によって異なります)という程度になります。

 

家財保険に加入していただくのは、万が一の備えですが、それはご自身の家財だけでなく、「損害賠償」の意味もあります。たとえば2階以上にお住まいの場合、何らかの原因で漏水事故を起こしてしまった場合、階下の人に迷惑をかけることになります。テレビ等の電化製品に影響が出た場合など、その損害はすべて漏水をさせてしまった人が負うことになります(わざとでなくてもです)。

 

また、部屋の中で誤って壁に穴を開けてしまったなどという場合、それは大家さんに対して賠償しなければなりません。退去時にはその費用を請求されることになります。そうした場合も、この保険が利用できますので、費用的負担は少なくて済むことになります。こうしたメリットがありますので、「保険の付保」を契約条件としてさせていただいておりますが、その方が入居者様にとってもいいことだと考えております。

 

保険はご自身で選んでいただけますが、弊社でもフレックス少額短期保険と日本共済と提携しており、ともにご紹介させていただいております。新しく部屋を借りられる方は、こうした保険をよくご理解の上、ご契約いただければと思います。 

 

 

(H)