管理者の役割

 マンションには、各区分所有者がメンバーとなっている管理組合があり、これとは別にマンションの管理を行う管理会社があります。通常、管理組合は理事が理事会を構成してこれを代表し、意思決定を行います(最終的な意思決定は「総会」です)。しかしながら投資用マンションでは、理事のなり手がいなくて、1人理事長なども珍しくはなく、最近では管理会社が「管理者=理事長」になっているところもあります。

 

 管理会社が「管理者」を代行するのは、「人がいない」というやむを得ない事情もありますが、あまり好ましいものではありません。なぜなら「マンション管理適正化法」によって管理会社は管理組合の財産(通帳と印鑑)を分別管理(要は管理会社は保管しない)することになっているのに、「管理者」になることによって保管してもよいと解釈しているからです。

 

 結局、これは区分所有者側の「無関心」が導くもので、管理会社が本来管理組合がすべきこともすべてやるようになると、適切な監視の目が行き届かず、割高の工事をしたり「区分所有者の視点」から管理がなされなかったりします。現に某マンションでは駐輪場が使われていない自転車が溢れ、床が剥がれていたり、電気のカバーが外れていたりするのが放置されていたりしました。

 

 また、日常細かいトラブルもよく発生します。賃借人さんが気持ちよく長く住んでいただくためには、そういうところにも細かい配慮と対応が要求されます。管理組合の立場で関与することにより、管理会社も緊張感を持って対応してくれます。「マンションは管理で買え」とはよく言われることですが、投資用マンションを高く買ってもらうにはこういう部分も重要だと考えています。

 

 「弊社が買った(管理組合の理事に入った)マンションは価値が上がる」と言われれば本望です。今後もこうした活動を続けていきたいと考えています・・・ 

 

 

 

 

(H)