外壁修繕の話

 投資用の不動産を所有している場合、避けて通れない支出というものがあります。修繕費もその一つでありますが、修繕費と言っても壊れた時のものばかりではありません。壊れる前の予防的なものもあります。一棟ものであれば外壁塗装はその最たるものです。これを怠ると、雨漏り等の原因になりますし、美観の劣化は募集にも影響します。安くない費用がかかりますし、大家さんにとってはメリットを実感し難いものですが、建物価値の維持という観点からは必要な支出と言えます。

 

マンションであれば、毎月「修繕積立金」を積み立てた上で計画的に実施致しますが、一棟ものであればオーナーが自身で管理、判断しないといけません。今回、弊社ではそんな外壁修繕をSunVista池上で行いました。

 

内容は大まかに劣化部分の修繕と塗装と防水工事になりますが、費用は総額で約600万円かかりました。これは家賃収入の67か月分になります。簡単には出しにくい金額ですので、計画的に貯めていく必要があります。

 

 

今回、実施したことにより当面修繕の必要はありませんが、外観も装い新たになりました。現在、満室ですので、募集面での効果が表れるのは先になりそうですが、住んでいる方も含めて、気に入っていただければと考えています・・・

 

 

 

 

 

(H)

BEFORE&AFTER